スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仁科三湖めぐりポタ

木崎湖へ着いたのは午後2時半ころ。心配していた天気も上々なので、念願の木崎湖、中綱湖、青木湖の仁科三湖
ポタします。
木崎湖の大町市営駐車場を探したけど見つかりません。仕方がないので、湖近くの空いている駐車場へ車を進めました。ここは貸しボート屋の共同駐車場らしく、広いけど他に止まっている車は地元ナンバーのワゴン車1台と軽自動車が1台だけ。
近くの貸しボート屋さんに留めたことを言いに行く「いいよ、いいよ。」と今時珍しく無料で駐車させていただくことに。
ここでBD-1を降ろし、服も着替えて出発です。最初は湖巡りの鉄則で反時計回りに走るため、国道148号に沿って上っていくのですが、幸い湖畔にサイクリングロードとおぼしきコースがあるのでそこを走ります。
湖面を渡る風が本当に心地よく、遠くに舟遊びをする人のはしゃぐ声が聞こえます。
木崎湖bd

木崎湖東岸を半分ほど走るとサイクリングコースも無くなり、国道148号を走ります。路側帯もしっかり付いているので特に心配はいりません。ゆるい上りを上がると再び左の脇道へそれ中綱湖に向かいます。
中綱湖は仁科三湖の中では一番小さな湖です。
踏切bd
中綱湖の手前のJR大糸線の踏切
中

あ、と言う間に通り抜け、青木湖の一週コースへ向かいます。
この一週コースは結構アップダウンがあり、細い道幅を時折四駆車やキャンパーが駆け抜けていきます。湖の西岸伝いに木立の中を走ると汗も引き小寒いくらいです。
この辺のキャンプ場では外人の親子連れをよく見かけました。カヌーやサイクリング、湖畔で読書など
スローライフを上手に楽しんでいるようです。
湖の利用者は多いのだけど、なんでも白馬あたりの中古ペンションを、南半球あたりの外国人が数人でシェアして買い、日本で夏を楽しむのだとか。
だから長野オリンピック以後、ホテルや民宿など外国からの観光客を当てにしていたのだが、白馬方面の経済の潤いには直結してないのが現状だとのことです。
青木湖

再び木崎湖の駐車場へ戻りBD-3を車に納車して、木崎湖入り口にある温泉施設ゆーぷる木崎湖へ。
600円でのんびり温泉につかり、疲れをいやしました。
仁科三湖巡り24km、高低差88m、写真を撮り撮り2時間余りのポタでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケムケム

Author:ケムケム
小さな畑とカメラいじり、釣りと薫製造りを楽しんでます。その上自転車にもはまってしまいました。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。