スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”ヒロシマ”めぐりポタ。己斐調整場送水ポンプ室~三瀧寺

NHKひろしまのHPで、”ヒロシマ”をさがそうというページに市民とつくる被爆地図という被爆施設の検索が出来るマップがあります。その中から西区己斐東の己斐調整場送水ポンプ室を見に行きました。
西広島駅から北東ちょっと走るとすぐに己斐橋に着きます。そこから約200m、ノートルダム清心中・高等学校入り口にレンガ造りのポンプ室が残っています。

被爆建造物看板
1932(昭和7)年に竣工されたものですが、現在は使われていません。
己斐調整場送水ポンプ室1
残念ながらフェンスで囲われていて中には入れませんでした。
己斐調整場送水ポンプ室2
夏草が生い茂っていました。

ここから太田川放水路沿いを上って三瀧寺をめざします。
川土手はフラットで走りやすいけど、路側帯が無いので自動車には要注意です。途中JR山陽本線は河川敷に降りてアンダーパスして三滝橋まで走ります。ここを左折してJR可部線を渡り、ちょっとしたヒルクライムを楽しむと
三瀧寺の駐車場に到着です。それほど長くないけど、けっこうキツイです。暑い日はこたえます。

三瀧寺の手前で、原爆の犠牲になられた無縁仏のお墓の立て札を発見。
広島にはこんな無縁仏のお墓があるのを改めて認識させられ、無知を恥じ入りました。自転車ポタすると見過ごしがちな物を発見できます。
三滝原爆無縁仏墓地入り口

原爆無縁仏立て札

原爆無縁仏のお墓
ここは広島市が管理しているらしいです。  合掌

坂道を上りきって三瀧寺駐車場に到着。参道入り口にBD-3を駐輪してここからは歩きです。
三瀧寺は809年空海(弘法大師)による創建とされている真言宗のお寺です。参道沿いには寺の名にもなる駒が滝、梵音の滝、幽明の滝の三つの滝があり、中でも約50mの梵音の滝は見事です。またここの水は平和記念式典の献水にも使われています。境内の想親観音堂、鐘楼、稲荷社、三鬼権現堂、鎮守堂など被爆建造物リストに登録されています。また、磨崖仏やお地蔵さまなど数多くの石仏さまがいらっしゃいました。原爆33回忌に因んで建立された句碑や歌碑があり鎮魂と慰霊の場でもあります。参道脇を流れる水や緑の木々に囲まれて癒しの空間でもあります。三滝寺入り口bd-3

相親観音堂
被爆建物の想親観音堂
三滝寺の石仏群

IMG_3851句碑
原爆33回忌に因み広島俳句協会が原爆の句33句を刻んだ句碑を建立
IMG_3874歌碑
原爆33回忌に因み原爆体験の短歌33首を刻んである合同歌碑
原爆死没者の地蔵

三滝参の滝  駒が滝

三滝弐の滝  梵音の滝
落差約50mで水量の多い雨の後は特に見事です。
三滝壱の滝  幽明の滝
マイナスイオンをたっぷり感じることができそうです。しばらく居るとすーっと汗がひきます。

石段を登り詰めたところの本堂は平安時代の建築様式で本尊の聖観音像が安置されています。また木造阿弥陀如来
坐像(市指定文化財)などがあり、回廊にはユニークなすがたの仁王さま、金剛力士さま、不動明王さまもいらっしゃいました。三滝寺の金剛?アップ

IMG_3864三滝寺のん

三滝じの仁王あ

また、参道を入ってすぐの所にモリアオガエルの生息する池があり、その脇の和カフェ「空点庵」で抹茶やわらびもちを頂きゆったりする、一味ちがったポタを楽しむことが出来ます。
三滝寺喫茶店
空点庵

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ケムケム

Author:ケムケム
小さな畑とカメラいじり、釣りと薫製造りを楽しんでます。その上自転車にもはまってしまいました。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。